キャバクラで働くのは何が一番辛いのか

cdc745fa9c11c5da409b302bc236e48d_s

 

キャバクラで働く辛さって?

人に打ち明けにくい辛さ

とにかくお金を沢山稼ぐことの出来るキャバクラ嬢。

また、人脈を築くことが出来るという楽しさもあります。

しかしキャバクラ嬢として働くことは良いことばかりではなく、辛いこともあります。

特に多くのキャバクラ嬢が悩まされているのは、友人や知人にそう簡単に打ち明けることが出来ないという点です。

 

 

キャバクラ嬢はドラマなどの影響により憧れの大賞になることもありますが、それでも偏見が残っていることも確かです。

そのため、キャバクラで働いていることを秘密にしている人は少なくありません。

また転職をする際に、キャバクラで働いていたことを履歴書には書きにくいという点もデメリットとなります。

法律に則った店で働いているのに、なぜ隠さなくてはいけないのか・・・。

そのように、辛く感じる時もあるでしょう。

 

 

 

もちろん隠さなくてはいけないという決まりなんてありませんし、こうしたことを気にせずに周囲に打ち明けている人もいます。

辛いと思うかどうかは、個人よって異なります。

また、どんな仕事であれ辛いことはあります。

キャバクラの場合はそれらとはまた種類の違う辛さかもしれませんが、それでもキャバクラ嬢を続けたいというのならある程度割り切る必要があります。

これからキャバクラ求人に応募したいという人は、こうした辛いことがあるのも知っておきましょう。

 

 

 

指名が集まらない時の辛さ

 

キャバクラ求人には特に容姿については明記されていませんが、それでも美人な方がいいというのは店に確認するまでもありません。

やはりルックスの良いキャバクラ嬢は指名を得やすく、大きな集客効果が期待出来るからです。

そのためキャバクラという場所で多くの指名を集めることが出来れば、男性に認められたということになりますので、大きな自信を得ることが出来ることでしょう。

 

 

 

しかし、誰もがそのように多くの指名を集めることが出来るわけではありません。

指名を集めることが出来ずに、自信どころかルックスにコンプレックスを持ってしまう人もいます。

特にキャバクラで働く前は自信が大きかった人ほど、そうなってしまう危うさがあります。

このように指名が集まらない時の辛さも、キャバクラ嬢になったからには覚悟をしなくてはいけません。

そうなった時に、這い上がれるかどうかは自分次第です。

 

 

 

そもそもルックスが良くても初心者なら、そう簡単に指名を集めることは出来ません。

また人気が出る条件はルックスだけではなく、接客・営業・マナーなどさまざまな要素が関わっていきます。

指名が集まらないからといってルックスを否定されたわけではありませんし、そもそも基準を満たしているからこそ店も採用しているのです。